透明断熱フィルムについて

透明断熱フィルムとは
 透明断熱フィルムとは、紫外線や赤外線を遮断して熱を通さない透明なフィルムのことです。日焼けや肌の老化、内装部品等の色褪せの原因となる紫外線をカットします。また、夏に車内を暑くする原因となる赤外線をカットします。ただし、フィルムの種類によってカット率は異なるようです。

透明断熱フィルムの特徴
 紫外線をカットしますから、車内での日焼け対策は不要になります。これは、女性や小さな子供にとって大変うれしいことですね。また、夏場に車内が暑くなるのを緩和しますから、エアコンの効きがよくなります。特に乗った直後のエアコンの効きは違うようです。日差しが強いと窓ガラスを内側から触ると熱く感じますが、透明断熱フィルムを貼っておけば熱さを感じません。最近のクルマはプライバシーガラスという色の付いたガラスが採用されています。しかし、色がついているだけでは断熱効果はありません。しかも、法律により運転席より前のガラスは可視光線透過率が70%以上と決められているためプライバシーガラスにすらできません。商品にもよりますが、透明断熱フィルムは可視光線透過率80%以上を確保しています。これなら、車内で一番紫外線が多く入り込むフロントガラスに貼っても保安基準に適合します。もちろん、貼ったままで車検もパスできます。ただし、車種によっては最初から可視光線透過率が70パーセトギリギリのガラスが使用されている場合がありますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。