ヘッドライトのコーティングについて

ヘッドライトのコーティングとは
 ヘッドライトのコーティングとは、文字通りヘッドライトに施工するコーティングのことです。樹脂製のヘッドライトに黄ばみが発生したときに、ヘッドライトを磨けばきれいになります。ですが、ただ磨いただけではしばらくするとまた黄ばんでしまいます。しかし、磨いた後にコーティングを施工すればきれいな状態を保つことができます。ガラス製ヘッドライトはコーティングの必要がないので樹脂製ヘッドライトにしか施工できません。

ヘッドライトの黄ばみ
 ヘッドライトは新車時にはコーティングされています。これは、樹脂製ヘッドライトをキズや紫外線から守るためのものです。しかし長期間の使用過程で洗車機や紫外線によりコーティングがはがれてレンズが白濁や黄ばんだようになり曇っているようになります。

ヘッドライトのコーティングの効果
 ヘッドライトが黄ばんでいると、本来の明るさを確保できません。ヘッドライトの明るさが基準値に満たなければ車検に通らないばかりか、安全性においても問題になります。また、事故などで片側だけヘッドライトを交換した場合などには、もう一方のヘッドライトの黄ばみが目立ってしまいます。そのような場合に、ヘッドライトを磨いてきれいにし、コーティングを施工すれば新品のようにきれいになります。また、コーティングの保護効果が復活するのできれいな状態を維持することができます。

コメントは受け付けていません。